note 毎日更新してます

高専(工学)からデザインに編入して感じたことまとめ

2018年4月から九州大学芸術工学部に編入しました。1年のカリキュラムも終わり、なんとなく学校についてわかってきたので、また編入体験記の記事にコメントも来ていたので、返信の意味も込めてまとめていきます。

コメントありがとうございます。

https://blog.nainaism.com/hennyu-taikenki/

コメント失礼します。現在高専4年のものです。 九大の芸術工学部に興味があって受験を考えているのですが、2020年度からカリキュラムが変わるという記事を見ました。 制度が安定しないうちに編入というのは少し不安があるのですが、学内の評判や授業について(面白さ・大変さなど)お聞きしたいです。 デザインや経営に興味があります。

カリキュラムについて

授業の中で教授からカリキュラムの変更についてアンケートを受けました。

今ある5コースを合わせて一つの学科、芸術工学科とする構想です。

http://www.design.kyushu-u.ac.jp/kyushu-u/files/leaflet_newGK.pdf

僕も詳しくは知らず、↑に書いてあることぐらいしか説明はされていません。ただ、編入に関してはカリキュラム変更以降も制度として残ると教授は言っていました。

今の学科について

今僕は、芸術情報設計学科でデザインを学んでいます。

思っていたより芸術系の授業が多く、覚えることも多いので高専生には大変なこともすこしあるかもしれません。ただ、僕の学科に関しては特に全くついてけないことはないかと思います。まじめに話を聞けば、先生もわかりやすく教えてくれるので余裕を持って単位は取得できるでしょう。

5学科の中で一番大変そうだと思ったのは、音響設計学科です。

単位の関係上、2年・3年生の実験を同時に取る必要があるらしく、レポートの数が莫大になります。そのうえ、後期には口頭試問と呼ばれる学習度確認試験のようなものでは、音楽史など記憶しなくてはいけないことが莫大にあって勉強がとても大変そうでした。

デザインや経営に関して

デザインと言っても意味は広義だし、どんなデザインを学びたいかによって変わりそうですね。

僕の学科に関しては、映像関係、演劇、色彩、webコンテンツ関係などを学ぶことができます。その中で実用プログラミング(主にweb)もやったりしますが、高専の情報科を卒業している人にはちょっと簡単と感じるかもしれません。

数式をこねくり回した工学的な授業は少なく、西洋美術史を学べたり、インタラクションデザインを学べたりと、今までとは考え方が変わるような知識を得られます。

ちなみに単位数ですが、工学からデザインに移った割にはたくさん変換してもらえました。授業をキツキツに入れないと進級できない、というほどにはなりません。

授業の種類よりも、大きな違いと感じているのが学生の意識です。

高専は思いっきり工学なので、作品の見た目を気にする人はあまりいませんでした。しかしこちらはみんなめっちゃかっこよく、オシャレに作り込みます。

例えばPHPを使ったwebページを作る課題が出た時、工学畑の人であればいかにすごい機能をつけようかと凝ると思いますが、芸工の人はどう見やすくするかを凝る人が多く、フォトショやイラレを使ってUIパーツを自作する人までいます。

経営に関しては、学ぶことは全くありません。

九大には起業部という起業活動をしている団体があるので、そこに属して勉強することはできるかもしれません。

起業部に入って他の学生と頑張るのもいいと思いますが、それよりも福岡という土地柄スタートアップや、ベンチャー企業が多いのでそのどこかでインターンやら入り込んだりやらして経験として学ぶことがいいと思っています。

学問として経営を学びたければMBAをどこかで取るといいのでしょうか。

ただ福岡にスタートアップ企業があると言っても、当たり前ですが東京には敵いません。イベントの数も東京が圧倒的だし、もし頑張って東大に編入できるのであればその線も考えていいかもしれません。

全体を通して

僕個人的には九大の芸術工学部に編入して大正解だったと思っています。

編入しなかったら全く勉強しなかった分野を学べ、その面白さを感じることができたし、スタートアップに属して経営の手伝いをしつつマーケティンングを実践できる場にいられるし、高専で得た知識と技術をいかしてものづくりもできているし、大満足です。

それと福岡という土地もとても好きです。

コンパクトで、ちょうどいい都会感。美味しいものが多くて、空港も近く、安く暮らせる。

福岡の人の交通マナーはちょっと悪いし、みんな歩きスマホするし、電車では奥に詰めないけど、基本的に優しい人が多いです。あと可愛い人も多いです。

今までの人生、何箇所か転々と暮らしてきましたが、その中でも個人的No.1は福岡ですね。

いろんな人に話を聞いて、自分が本当にしたいことはなんなのか考えて、自分の意思で進路を決めれるといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です