note 毎日更新してます

自分にとって何が大切かを考える

最近友達から面白い話を教えてもらいました。

ちょっと長いですがよかったら読んでみてください。

ある大学でこんな授業があったという。
「クイズの時間だ」
教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。
壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」
教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」
そう言いながら教授は
教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、
壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」
学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ」と笑い、
今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。
彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」
一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。
この例が私達に示してくれる真実は、
大きな岩を先に入れないかぎり、
それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、
家庭であったり・自分の夢であったり・・・。
ここで言う”大きな岩”とは、
君たちにとって「一番大事なもの」だ。
それを最初に壺の中に入れなさい。
さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、
つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされ、もし君達が小さな砂利や砂や、 つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体を失うだろう。

誰の言葉かは知らないし、本当に誰かが言ったかも知らないですが、言っていることは的を得ているなと。

壺の中の空間が有限で、それを時間として比喩しているのに、かかる時間の長さではなくコトの重要性が中に入れるものの大きさになるのはなんか変だなと感じますが、伝えたいことはよくわかります。

僕の中で「自分にとって一番大事なもの」がなんだかまだよくわかっていません。

しかし例えば、お金に困ってないのにするバイトとか、夜更かししてまで楽しむ娯楽とか、やりたくないのに惰性で続けていることとか、余計な時間の使い方をしていることは自覚できます。

これらを完全になくせたらなんか強そうな人になれるのでしょうが、全部全部取っ払うことは難しいですね。人間基本怠惰だから、どんな人でも楽な方に逃げたくなるもんですよね。。。

ただ、ちょっとずつでもいいので良い方向に変わっていけたらなとは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です